腰痛やぎっくり腰が辛い。。。そんな方はマットレスを変えてみよう!

腰痛を治す為にはマットレスとストレッチ

腰痛と聞くと、一見年配の方が多く患っているイメージを持つ方も居られると思いますが、私自身腰痛で整骨院に通院するようになって本当に驚いたのが、腰痛で通院されている方には若い女性が多い事でした。

私自身も腰痛を感じるようになり悩みだしたのが、第一子を妊娠中の事でした。妊娠中はお腹に数キロの赤ちゃんが居る訳ですから、もちろん腰への負担も大きい為に腰痛で悩む妊婦さんも多く、私も出産までの一時の事だと特に気にする事もなく過ごしていました。

しかし産後は産後で、どんどん大きくなってくる赤ちゃんを抱っこする事も多い上に、当時のベビーカーは赤ちゃんの座る位置も低い物が主流でしたので、前屈みで赤ちゃんのお世話をしたりと腰への負担は増す一方でした。

futon

あまりの辛さに、近所にあるキッズスペース完備の整骨院で診てもらったのですが、出産で骨盤が広がってしまったまま無理な態勢を繰り返していたせいで背中の骨から歪んでしまい、右足が1cm近くも短い状態になってしまっていたのです。

とても親切な整骨院で受付の方が診療中に赤ちゃんを見て下さったり、隣のベッドに赤ちゃんを寝かせてもらったりして頂けたので頻繁に通う事もでき、シールタイプの針治療や骨盤矯正の甲斐あって一時期は腰痛だと言う事を忘れる位にまで緩和する事ができました。マットレスは重要なので専用のマットレスにしていたのですがそれだけでは十分な効果を発揮する事は難しかったようです。

出産までは腰痛と縁もなかったので痛みがなくなったことで安心してしまい、段々と子供もじっと待っててくれない通院の大変さから勝手な判断で通院をやめてしまったのですが、やはり根本的な歪みを解消していなかったので数ヶ月後には前回より辛い痛みを発症してしまいました。
寝ていても痛みで夜中に目が覚め、緩和策としてストレッチを行おうとしてもあまりの痛さに身体をひねる事も出来ない。
歩いてるだけでも痛いのに、前屈みの態勢での授乳は1日に10回近く…。しかし、赤ちゃんはそんなママの身体を気遣って泣く訳ではなく痛みに耐えながらの育児、辛過ぎました。

現在はきちんと通院し、普段からも腰痛ベルトを着用したり就寝前のストレッチをする、脚は絶対組まない!などの工夫をしているお陰か通院の頻度も少なく済んでいます。
腰痛の原因にもよるのだと思いますが、完治して再発しないという事は難しいのかも知れません。

それでも普段の生活を工夫し、かかりつけの病院で通院の頻度などしっかりと相談してケアをしていけば、上手く腰痛と付き合っていけると私は思います。

体が硬い人は日ごろから腰痛に気を配ろう

私は体が固いです。
小さな頃からそうでした。
高校生の頃、これではいけない!と思い立って、ストレッチを始めました。
そしてそれが悪夢の始めりでした。
毎日お風呂上がりにかかさずストレッチを始めました。
10代の頃でしたので(現在は20代後半です)冒険し、結構きつい角度の開脚などを、毎日毎日繰り返していました。
ストレッチで体を鍛えることに目覚め、ランニングを始めたりもしました。

ストレッチ、ランニングを始めて2週間目のことです。
いつものようにお風呂上がりに開脚ストレッチを始めたのですが、脚を開いて30秒後、突然それは起こりました。
針を刺されたようなチクッとした痛みを感じた次の瞬間、その10倍は痛いであろう痛みが私の腰を襲いました。
訳が分からず、少しパニックになりましたが、何とか脚を閉じることができました。
その後、やっとの思いで立ち上がり、何とか歩けはしたものの、腰の痛みに耐えられず次の日の高校は欠席。
近くの総合病院で診てもらうことにしました。

結果、ストレッチのやり過ぎ(いきなり無理をして伸ばしすぎたために)だったのですが、レントゲン写真を見せてもらったところ、腰が偉くS字になっていました。
「姿勢を正さないと、湾曲症になってしまうかもしれませんよ、この曲がり方は」とのことでした。
その日はとりあえず湿布薬と痛み止めを処方され帰宅。
「ストレッチ云々の話では無かった!姿勢を正すことから始めなければ!」と、少し反省しました。
その後も痛みが治まるまでには時間がかかりました。

そこで先生に教えてもらったのが人気の腰痛マットレスでした。
このマットレスを使うことで私は腰の痛みを治す事に成功しましたし、今では腰痛も気にならずになっています。

腰痛マットレスについては人気の腰痛マットレスの記事が参考になります。
元々ふくよかな体型だったために、腰に負担をかけるような歩き方をしていました。
そもそもそこに原因があることに気がつき、策を考えた結果、姿勢矯正ベルトを購入することにしました。
通販サイトで購入し、届いた日に早速つけてみました。
その頃には、もうストレッチやランニングはせずに生活していました。
姿勢矯正ベルトを初めて着け、少し世界が変わりました。
猫背だった丸まってしまっていた背中を、ベルトによって広げてくれるので、胸を張って歩けます。
自分がいかに縮こまって歩いていたのかがとてもよく分かりました。
気持ちの面でも、姿勢を正して歩く、というのはとても明るく過ごす秘訣なのだと思います。

matt

マットレスと一緒に使いたい矯正ベルトって?

人間の基本は、やはり姿勢なのだと思います。
姿勢矯正ベルトを購入しなくとも、普段から「胸を張って生きていく」ということを意識するのは、それだけでその人をかっこ良く見せてしまう魔法なのではないでしょうか。

今までに動けなくなるようなぎっくり腰は二回経験してます。
初めてのぎっくり腰は子供の幼稚園の遠足の日でした。
朝、洗濯物の入ったカゴを持ち上げた瞬間、腰に今まで経験したことのない激しい痛みが走り、膝から崩れ落ちました。
幸い親子遠足ではなかったのですが、どうしても立ち上がることができないので、バスの集合場所まで送ることができず、幼稚園に電話して特別に家の前までバスに迎えに来てもらいました。
痛みはかなり酷く、身体を横にしたら寝返りも苦痛でした。
少し身体を動かすだけで、腰にピキーン!!とした痛みが走り、涙が出ました。
実家も県外と遠く、旦那さんも市外まで通勤していて、すでに出勤した後だったため誰もすぐには助けてはくれません。
しかも、まだヨチヨチ歩きの子供もいたためどうしたものかと悩みました。
思いきって上の子供が仲良くしている子供のお母さんに電話し、助けを求めたところ、直ぐに来てくれました。
本当に彼女には感謝してます。
下の子のオムツを替えてくれたり、ご飯を作って食べさせてくれたり、まさに天の助けでした。
そうしているうちに旦那さんが仕事を切り上げて帰ってきてくれ、彼女は「いいのよ、お互い様だから」と笑って帰っていきました。
もう彼女が女神にみえました。
旦那さんに病院に連れて行ってもらいましたが、直ぐに治るものではないのですね。

マットレスを腰痛専用の物にするという方法が腰痛を治すうえでは一番重要になってくるのは間違いが無いでしょう。
しばらくは寝たきり、這ってトイレにいく始末です。
実家の母も新幹線を使って来てくれ、なんとか私が動けるようになるまで本当にお世話になりました。
誰が話したのか幼稚園のお母さんたちの間で話のネタになり、しばらくはいろんなお母さんたちから心配されました。
周りを巻き込んだ大事になり、本当に大反省です。
それ以来腰痛を予防するためのストレッチを習慣にし、気をつけていたのですが、約1年後またやってしまいました。

腰痛マットレスが腰にいいのは当たり前ですが、マットレスを変えただけでは治るとは限りません。
その時はやはり朝、グズグズといいながら起きてきた下の子を抱き上げようとした瞬間、あの痛みが襲ってきました。
一度経験しているので痛みは酷いものの、ああやってしまったと前回よりは冷静でした。
スマホで痛みの和らぐストレッチなど調べ、なんとか騙し騙し家事もこなしました。
さすがに二回となると助けを求めるのも躊躇し、湿布を貼りながらなんとか日々の仕事をこなしました。
この二回の経験から反省した私はぎっくり腰の予防法を調べ、ストレッチを習慣にしています。
どうやら太りすぎは腰によくないようなのでダイエット中ですが、こちらはなかなか難しいです。

日常の中での腰の痛みに関して我思うこと

“アラームが鳴って朝起きると腰が痛いのです。
そういえば疲れてスマホを弄っている途中で記憶がないのです。
腰が痛い原因はずっとうつ伏せのままで寝てしまっていたからです。
それからは寝る時気をつけるようにしていましたが生活習慣だったりストレスがあったりして、今思うとずいぶん身体に負担をかけてきたんだと思います。
これから腰痛を治すために生活習慣を見直してストレスは難しいかもしれませんが、大好きな音楽を聴いたり体操でもしようと思います。”

年齢を重ねるにつれ、肩・首・膝・・・と痛みを感じる部位も増えていきますが、日々その痛みに慣れていき我慢可能なものもあります。でも腰痛は辛いです。身体の中心だからでしょうか?就寝時のマットは硬いほうがいいのか柔らかいほうか。枕の高さが合わないのか。普段の姿勢が悪いのか、はたまた身体が重すぎるのか・・・いろいろ原因を考えてみても、よく分かりません。テレビの有識者や週刊誌、友人の話から、これじゃないかな・・・と思ったのが、骨盤のゆがみでした。
「ゆがみを治すなら整体がいいんじゃない?」と言われても、バキバキと痛いイメージがあるし、地元には整体の医院なく、どこがオススメなのか調べたこともありません。伸びをしたり、ちょっとひねってコクっと音がすれば気持ちいい。そこで骨盤矯正のストレッチとして、ちょっと前に流行ったコアリズムをやってみました。DVDを引っ張り出し、ぐりんぐりん腰を回すと気持ちいいです。毎日やればダイエットにもなり、一石二鳥かと思いますが、いかんせん根気がないんです。電気を当ててもらうため、病院に通いつめている近所の高齢者がおられますが、ご一緒しません?には少し早いはず。(笑)テレビ通販で座るだけで骨盤矯正されるグッズもあるみたいなので、買ってみようかしら。楽に解消する方法を模索してます。
お腹周りなので温めて効果は得られるのでしょうか?実はお隣さんは、「下半身を温めて健康になりましょう」の考えをお持ちの方で、半身浴を勧めてくださいます。これなら結構楽にできそう・・・とぬるめのお湯に長時間浸ることを心がけるようになって、まだ数日。今の暑い時期に温めようという気になりづらいんです。でも、半身浴でしっかり汗をかけば老廃物が出てる気がするし、代謝が上がるような気もします。健康に過ごせるとは感じますが、果たして腰痛にも効果があるのかは今後のお楽しみです。
3年ほど前ですが、主人が腰痛に悩んでいました。病院にもかかりヘルニアの診断を受け、仕事が悪いと言われ長期で休んでいました。ある夜、急激な痛みに襲われ救急病院に行きました。それまでの話もしましたが、詳しい検査を色々していただき、結果肝臓がんが見つかりました。肝臓は沈黙の臓器だそうで、痛みはないらしいので、ラッキーでした。
腰痛って内蔵に原因があることもあるらしいですね。幸い私は内蔵には問題ないのですが、腰痛でお悩みの方は、検査も視野に入れてみては・・・。

運転手の仕事をしていたら、ある日突然腰に痛みが走りました。

私は以前タクシードライバーの仕事を6年ほど続けていました。それまで特に体調に問題もなく通常の業務をこなす毎日でしたが、ある日突然、腰に痛みが走り、腰を曲げることも歩くこともできなくなり大変苦しい思いをした経験があります。急に起きた痛みなので会社に事情を伝えしばらくの間お休みしまして治療に専念したく色々な病院や接骨院などにいきました。電気マッサージ、針治療、幹部へのシップなど色々な治療を受けましたが、率直にあまりこれといった効果がなかったように思います。
病院で腰の痛みとなる原因を説明してくださいましたが、病院、接骨院ごとに説明が違うので受けてる側とすれば本当なのだろうか?と思ってしまうこともありました。
ある接骨院の先生が私の腰の状態を見て「これは長期の治療が必要ですね」と言われました。「原因は長時間での運転の姿勢で腰の筋肉に癖がついており、もとの状態には治せない。ある程度、腰の筋力をつけて体力をつける必要がある」との診断でした。幸いヘルニアにはなっていないようでした。今の段階から少し回復するまで、接骨院での電気治療、マッサージ、シップの交換、普段はコルセットの装着をするようにといわれ約1ヶ月かんはその繰り返しの毎日です。仕事はできないので退職しました。
腰を一旦悪くするととにかく不便です。今まで通常にできたことがなかなかできなくなります。たとえば歩くことです。腰が悪くなってから無意識の内に腰をカバーするようになってしまい通常の歩く早さでは歩けません。前かがみの姿勢などもしばらくの間はまったくできませんでした。夜、寝返るときも痛みが走り大変苦しい夜を何回もすごしました。
そんな状況でしたが、先生の言われた腰に筋力をつけるということもあり少し回復してから毎日歩くことを実践しました。最初は短い距離から始めて慣れてきたところで数キロ、数十キロと歩くことをしばらくの間繰り返していましたら、腰の痛みが和らいでいることに気がつきました。その間、ずっとコルセットをつけたままの状態です。腰の痛みが気にならなくなり通常の姿勢、歩行が問題なくできるまで約数ヶ月かかったように思います。毎日歩くという作業は今まであまり歩かずに座ったまま同じ姿勢の状態だった体には結構な体力をつけてくれたようで今では通常の姿勢、作業に問題なくできるほどになりました。ただ、重いものを持つときは今でも気を使うときがあります。タクシーのドライバーをしている皆さんで腰を痛めている方が大勢いらっしゃると思います。一日おきの勤務で大変だと思いますが、非番のときはなるたけ体を動かして体力をつけることをしてください。

若さに勝てない腰痛にはどうやって戦えば良いのか

私は、新卒で二部上場の企業に営業として入社しました。
やっと出来た就職でしたし、上場企業、花形の営業ということもあり、当時はとても嬉しかったことを覚えています。
ですが、いま思えば、私の腰痛との出会いはここから始まっていたのです。
入社してすぐ、OJTが始まりました。
OJTでは先輩に同行して、お客さん回りをしていました。
入社してまもない私に出来ることは、お客さん回りの資料を用意し、それを持って回ることでした。
1日に回るお客さんは4~6件。
紙媒体ばかりの当時、私が持っていた紙の量ははてしないものでした。
電話帳くらいの厚さがある会社のサービスを載せた資料、毎月発刊しているサービス紹介冊子、オプションでつけれるサービス約20種類など。
それを4~6件のお客さん分持たなくてはいけないのです。
それを半年続けていると、私のからだが悲鳴をあげ始めました。
腰がたまりかねて壊れてしまったのです。
鞄をかけていた左側の腰から痛みが始まり、右の腰、ついには足までも痛みが出てきました。
私は必死でした。
腰や足が痛いと仕事の効率が悪くなる。
効率が悪くなると、成績が悪くなる。
成績が悪くなるとボーナスが減らされる。
当時、一人暮らしを始めたばかりの私にはボーナスが減ることは死活問題でした。
しかし、朝から晩まで外出していますし、外出から帰ってきたら、終電まで事務作業をしていました。
そんな私に腰痛を治す時間はありませんでした。
湿布をしたり、塗り薬をぬったり、自分でマッサージをしたり、あらゆる自己治療をしましたが、まったく治りませんでした。
そこで始めたのは、筋トレでした。
腹筋と背筋を毎日30回ほど、それを毎日するようにしたら、段々と痛みが減っていきました。
また、ピンヒールをはくのをやめました。
ヒールで猫背になることで、腰痛があると考えたからです。
背筋をよくして、筋トレをする。
実に地味な解決法でしたが、コツコツなにかを積み上げることが好きな私にはとてもあっている治し方でした。
いまもそれを続けており、腰痛になることはありません。
若いころ、ならないと思っていた腰痛になってしまい、私は恥ずかしくてしかたありませんでしたが、あの体験があったことで、自分の姿勢や習慣を見直すことができました。
痛みとたたかうのはおっくうですし、厭なことが多いですが、出来るだけ自分のできる範囲のことで、習慣を治すことで痛みと向き合って行きたいです。

20代からの腰痛に立ち向かう方法

私の年は二十代後半。
会社と言う組織に勤めはじめて約10年、職種は主に肉体労働。
勤め先は一回り、二つ回りの方々数人いる中小企業。
ベテラン、先輩の方々からは、「やっぱり若いから体すごく動くね!うらやましい。」と言われ、[若さ]を武器に着々と仕事をこなしていました。
そんななか、ベテラン一人が腰痛で会社を休みがちに…
私は、忙しいのにずる休みかよ 年寄りはこんなんばっかで連休とったりしてんのか!?と思いました。
周りの方々に聞いても「腰痛はすごく辛い!お前も気を付けろよ!」と言われるばかりでなんとなく不満が溜まっていきました。
なんでこんな会社に就職したんだろうと自分を責めたり、辞めるのも時間の問題だななんて考え、職務に没頭していました。
そんな不満などを抱きはじめならが勤めて6年目の冬。
いきなりやつらはなんの前触れもなくやってきました。
淡々と働く私はかがみごしから立ち上がった瞬間、[ピキッ]と言う音とともに崩れ落ち立てませんでした。
その間冷や汗が尋常じゃないくらいだらだらとたれ、周りで一緒に仕事してた人が慌てて「ちょっとこれ飲んで休め」と持ってた痛み止を渡され、飲んで少し落ち着いたので動き始めようとしたら、「今日はこのまま病院いって早退しろ」と社長登場。
「えっ!?仕事できんのになんでだよ?ちょっと動けなくなっただけで病人扱いかよ」なんて思いながらもその日は病院へ直行。
病院について会社の考え方にイライラしながらも検査、診察を受けると担当医が苦笑いしながら「すべり症ですね。若いのに大変だね~、上手く付き合わないとだめだよ!」と…
私のなかで、ん?すべり症?なにやってもウケないのかな?笑 なんて思いながらも診察を受けたのを今でも鮮明に覚えてます。
それから苦悩の日々が続きます。
朝起きて、服を着替えるのに前屈姿勢になったらぎっくり腰。
会社の朝礼が終わり、働き初めて動けなくなり早退。
休みがちになり、仕事であてにされてないんだろうななんて落ち込みながら家で横になりながらふと思い出したのが昔の自分。
腰痛をなめてた!ベテランさんすみませんと心の中で何度も思いました。
そこからはコルセットは手放せない、冬場は腰にホッカイロ、辛いときは病院でブロック注射とどっぷりの腰痛人間!
今は順調?で上手く向き合いながら仕事に励んでいますがいつくるのかわからないので、正直毎日が怖いです。
最近では若い子たちがうちの会社に就職したのですが、
決まって言うことが「腰痛は辛い!なめないようにね!」と伝えています。
昔の自分に問いかけるように…

腰痛との付き合いにはマットレスを使うのが一番

腰痛とは遺伝なのでしょうか?

私の家系の場合、祖母に始まり父、伯母、兄、そして私も腰痛持ち。初めて「腰が痛くて起き上がることができない…」を経験したのがまだ若かりし高校生での腰痛デビューでした…
それ以来、ちょっと柔らかすぎるマットレスや固すぎる布団、床でのうたた寝などは十戒にも勝る禁止事項となり、万一破ろうものならば即座に腰痛スイッチがオンになるという、なんとも残念な青春時代を過ごしてしまいました。
腰痛で病院へ通うも「レントゲンでの異常はなし。何か別の病気かも…」という恐怖の言葉を聞き、ハラハラしながらも結局単純な腰痛と数十年のお付き合いをさせていただいております。

腰痛は一度発動してしまうと、もう何をしても痛い、寝ているだけでも痛いので、とにかく発動しないように生活するしかありません。すべて私個人の場合ですが、前述の「寝る場所の固さ」はまず一番に気をつかわなければいけないポイントで、ほか「深いソファーなどに深く腰掛ける」「思い切りくしゃみをする」「長時間、同じ体勢をする」なども腰痛十戒に含まれます。
どうやら、「背筋と腹筋を鍛える」ことで筋肉が腰を支えるので、腰そのものに対する負担が減って腰痛が起きにくくなるらしいのですが、ついつい三日坊主でね…つい、ね…
実際、今や懐かしの「ビリーズブートキャンプ」に勤しんでいた時期は、確かに腰痛は起きにくく、あまり気にもならないくらいでした。隊長のおかげで体力もつきましたし、いいことづくめではあったのですが、ついつい三ヶ月坊主でね…つい、ね…

腰痛が発動する場合は、一気にくるパターンと、腰の違和感をスタートにじわじわと数日掛けて臨界点に達するパターンがあります。前者の場合はもうどうしようもないのですが、後者の場合は気づいたらコルセットを装着し、いつも以上にソロ?っと生活することで腰に掛かる刺激を極限まで減らし、なんとか臨界を防げることを数十年の付き合いで学びました。
だったら常時コルセットを着用しておけばいいような気もしますがこのコルセット、腰痛が起きた際は救世主ともいえるアイテムなのですが、常日頃から装着してしまうと腰が怠けてしまってより腰痛が起きやすくなるみたいです。腰を支えてくれるグッズですからね。「風邪をひいたらお早めに」と同類ですね。
薬といえば腰痛の特効薬、湿布剤のベストセレクションとして「ロキソニン入りの湿布」を挙げておきます。整形外科などで処方してもらえるので、腰痛初心者の方々は是非頭の片隅にでも。

そういえば、冒頭で列挙した親族たちですが、全員が全員見事に花粉症も患っています。これは間違いなく「遺伝」ですね。そうするとやっぱり腰痛も遺伝のような気が…

良いマットレスの見分け方

良い人生を送るには、良い睡眠をとるのが必要不可欠です。
良い睡眠には、良い寝具が必要不可欠です。
寝具の中でも、枕とマットレスは非常に重要です。
今回は、マットレスについて、本当に良いマットレスとはどのようなものなのか、私の経験から紹介したいと思います。
まず、マットレスとはなにかというと、ベッドの上にしいて、その上に寝るものです。布団よりもしっかりとした厚みがあり、その分からだを支えてくれます。
日本でも、ベッドを使って眠る人が多くなってきた現代では、必要不可欠なものです。
では、マットレスにはどのような種類のものがあるのか?
最近市場に出回っているのは、大きく二種類に分けられます。
一つは、「沈む系」、もう一つは、「支える系」です。
「沈む系」とは、例えば、低反発の素材を用いて、「からだを包み込んで守ります」というような謳い文句で売っているものです。
「支える系」は、例えば、どちらかというと高反発の素材を用いて、「からだをしっかり支えます」というような謳い文句で売っているものです。
結論から言うと、「支える系」が良いマットレスです。逆に言えば、「沈む系」はかなり危ないです。
「沈む系」がなぜいけないのか?
一見、やわらかい素材で体が沈むと気持ちが良いように思えますが、実は、からだはマットレスに沈んでしまうことで、不自然に歪んでしまいます。
人が眠る上で一番自然な姿勢は、立っている姿をそのまま横にしたものだと言われています。
「沈む系」のマットレスで寝ることを続けてしまうと、不自然に歪んだ姿が続くので、からだがすこしずつおかしくなっていきます。
「支える系」のマットレスは、その自然な姿勢を維持することを目的としています。
ですので、「沈む系」よりも、「支える系」の方がよいマットレスなのです。
具体的には、東京西川のairシリーズなどが良いと思います。しかし結構高価なので、他にも同じような発想で作っているものを見つけて購入することをお勧めします。